大阪で介護業界への転職を成功させたい方必見!登録におすすめの転職サイト・エージェントを紹介しています。

株式会社aunの画像1

会社名 株式会社aun(あうん)
設立 2015年9月設立
所在地 〒550-0002 大阪府大阪市西区江戸堀一丁目19-23 NAGASAKI VILL 303
代表者 代表取締役 渡邉 創士
資本金 2,000万円
おすすめポイント大阪を中心に関西エリアの介護業界に特化!地域密着型の転職エージェント

株式会社aunは、介護職・看護職に特化した転職エージェントです。大阪を中心に関西エリアに限定した地域密着型のため、紹介先の医療機関や介護施設と良好で密な関係を築いています。

丁寧なヒアリングを始め、大手にはできないきめ細やかなサポートがaunの魅力。関西エリアの事業所を知り尽くしているからこそ、求職者の適性やライフスタイルに合わせた最適な求人を紹介することができます。

株式会社aun

大阪を中心に関西エリアの介護業界に特化!地域密着型の転職エージェント

公式サイトで詳細を見る

施設側との関係性の深さが、地域密着の強み

株式会社aunの画像
aunは2015年設立。大阪市に本社を置き、介護職・看護職に特化した求人の紹介を行う転職エージェントです。就職総合サイト「#就職しよう」では、「大阪に本社がある地域密着派遣会社」「介護職に強いおすすめ派遣会社」としても紹介されました。

aunは対応エリアを大阪を中心関西エリアに限定した地域密着型のため、紹介先の医療機関や介護施設との関係が密であり、求人票だけでは知りえないような情報まで詳細に教えてもらえるのが特徴です。求職者の希望条件だけでなく、ひとりひとりの適性やライフスタイルに合っている就業先とのマッチングを実現できるのが、aun独自の強みと言えます。

社名の由来は”阿吽”。口を開いて初めに発する音である”あ”と、口を閉じて最後に発する音である”ん”は、それぞれ両極に位置することから、宇宙の始まりから終わりまでを表す言葉だとされています。ささやかなこと(=“阿”)の積み重ねがいつしか大きな変革(=“吽”)につながるという思いを込めて名付けられました。

「企業の社会的責任とは、社会問題の解決にある」との考えから、ブラック産業と呼ばれる介護業界の労働環境や待遇を改善することで、そこで働く人々やその家族を幸せにし、ひいては業界全体を変革させるという強い信念を持っています。

自分たちのアイデンティティを「手の届く人に、手を差し伸べる」ことだと認識しているaun。手の届かない範囲の人は助けられないという冷酷な決断でもありますが、少なくとも手の届く範囲の人は必ず幸せにすることで、存在感や影響力を大きくしていき、少しずつ手の届く範囲を広げていくことで、幸せにできる人が増えていくと確信しているのです。

株式会社aun

大阪を中心に関西エリアの介護業界に特化!地域密着型の転職エージェント

公式サイトで詳細を見る

大手にはできない、きめ細やかなサポート

株式会社aunの画像
介護・看護業界の人手不足は深刻な問題です。その難題を打開すべく、ご縁のあるすべての人が貴重な存在であるとの考えから、人”材”ではなく人”財”という表記にこだわっているaun。担当するキャリアアドバイザーのレベルが高く、求職者ひとりひとりに対して大手エージェントではできないきめ細やかなサポートを行っているのが特徴です。

”きめ細やかなサポート”の中で一番分かりやすいものはヒアリングです。給与や仕事内容と言った希望条件はもちろん、求職者ひとりひとりのライフスタイルに対して丁寧に耳を傾けることで、その人が本当に理想としている職場や働き方を見極め、ライフスタイルに合う求人を的確に紹介してくれます。

求職者に対して柔軟な求人紹介を行うためには、紹介先である医療機関や介護施設へのきめ細やかなサポートも欠かせません。aunでは、現場が本当に必要としている人物像を把握することを大切にしています。単なる人財派遣・人財紹介ではなく、それぞれの環境に合った“人財”を繋ぐという「血の通った人財派遣・人財紹介」を通して、施設側が真に望むような環境を整えることに重きを置いています。

株式会社aun

大阪を中心に関西エリアの介護業界に特化!地域密着型の転職エージェント

公式サイトで詳細を見る

介護業界以外の社会問題にも働きかけている

株式会社aunの画像
「人を大切にする」という価値観から、求職者や紹介先の施設との関係性を大切にしているaunですが、介護業界だけでなく、社会全体を幸せにしたいという強い思いを持っています。その表れの1つが、「NPO法人 日本こども支援協会」の会員活動です。

「日本こども支援協会」は、里親支援事業や子育て支援事業などを行っている団体です。虐待を受けた子どもたちを救いたい、救った子どもたちの未来を守りたい、そして実親・里親のことも支援したいとの思いで、2010年から約10年間にわたって活動を続けています。

日本には現在、親と暮らせない子どもが約4万5,000人もいます。親と暮らせない1番大きな理由は虐待です。その数は年々増加しており、2016年度の虐待相談件数は12万2,578件に上ります。また、年間約50人の子どもたちが虐待によって命を落としているのが現状です。

そして、虐待の次に多い施設への入所理由が貧困です。日本の子どもの貧困率は13.9%(2015年時点)であり、さらにひとり親家庭の貧困率は50%以上と、先進国の中では最悪な水準と言われています。

児童養護施設退所者の高校や大学への進学率は低く、就職しても安定した収入を得ることができないため、必然的に貧困が次の世代へと連鎖されていきます。日本財団の調査によると、貧困状態で育った子どもたちが納税者にならず社会保障を受ける側になることで、国の損失は40兆円以上にもなるそうです。つまり子どもの貧困は当事者だけの問題ではなく、社会全体の問題なのです。

人格形成をする上で重要な乳幼児期。子どもは、特定の大人との愛着関係の下で養育されることで、自己肯定感を育むことができます。しかし日本の児童養護施設は規模が大きく、子どもたちは大部屋での集団生活を強いられています。実は日本の乳幼児に対する職員配置基準は他の先進国に比べ最低基準であり、国連から3回も是正勧告を受けているにも関わらず、まだまだ改善が不十分なのが現状です。

親と暮らせない子どもが、成長して強く生き抜くためには、信頼感や安心感など、心の土台をしっかり育むことが大切です。そのために必要なのが愛情であり、環境です。里親制度は、子どもの健全な育成を図る有意義な制度であり、「日本こども支援協会」が里親制度の普及活動を推進しているのは、このような背景を踏まえたものなのです。

まずは「問い合わせ」をしてみよう!

地域密着型であり、医療機関や介護施設と良好な関係を結んでいるaun。丁寧なヒアリングを始め、大手エージェントにはできないきめ細やかなサポートを心がけており、求職者のライフスタイルに合わせた最適な転職先を紹介してくれます。

aunが気になった方は、WEBまたは電話にて問い合わせをしてみましょう。個別面談は曜日を問わず実施しており、オンラインや自宅近くのカフェなど、求職者の方に合わせた対応が可能です。

株式会社aun

大阪を中心に関西エリアの介護業界に特化!地域密着型の転職エージェント

公式サイトで詳細を見る

サイト内検索