大阪で介護業界への転職を成功させたい方必見!登録におすすめの転職サイト・エージェントを紹介しています。

介護職に転職する前の心構え

公開日:2020/07/15  最終更新日:2020/08/26

介護職へと転職する場合の心構えとして、どんなことが挙げられるでしょうか。誰でも未経験の仕事をするときは緊張します。うまくやっていけるだろうかと、不安があるのも当然です。少しでも不安を軽くするために、正しい心構えを持つことは助けになります。心の準備をすることで未経験であっても、介護職へと早く順応できます。

介護職にはどんな仕事が含まれるか

一口に介護といってもさまざまなスタイルのものがあります。訪問して利用者のお世話をする場合では、家事を行ったり食事をするお手伝いをしたりすることが含まれます。利用者の状況に応じてどんなことを行うかは、詳細に定められており予定時間内にそれらをこなさなければいけません。訪問以外では施設で利用者のケアを行うスタイルもあります。他のスタッフと協力しながら、割り当てられた仕事をこなしていきます。

どんな環境で働くにせよ、介護職の主な任務は利用者自身や身の回りのことをサポートすることです。実際の業務をどのように行うかは、研修に参加したり先輩に教わったりして学んでいきます。体力が必要ですし、細やかな気遣いも欠かせません。年配者の中には痴ほう症を患っていることもあり、そうした場合はとくに忍耐力が求められます。限られた時間で多くのことを行うときは、つい焦ってしまうことがありますが、それでも冷静に対処しながら、サービスを提供することが必要です。

介護職の雇用形態にもさまざまあり、正社員や派遣社員あるいはパート社員などです。就職先によって福利厚生や雇用条件はかなり異なるので、充分に時間をかけて選ぶことが大切です。労働条件をよく確認してから選ぶことが欠かせません。また異業種からの転職の場合は未経験ですから、教育制度が整っていることは非常に重要です。

未経験であっても自信を持って行う

畑違いから介護の世界に飛び込んだ場合、つい自分は何も知らないからと自信をなくすことがあるかもしれません。もちろん最初の研修期間中に、集中して学ぶことは大切です。しかし異業種であっても、介護に通じるものはたくさんあるのです

たとえばサービス業に携わってきた場合、お客様の意見を尊重しにニーズに応えることは基本中の基本だったはずです。介護においても同じことがいえます。利用者さんの立場になってサービスを提供するということはとても大切です。

大阪は製造業が盛んですが製造業に携わってきた場合、定められた期間内に納品するために段取りを常に考えて動いてきたことでしょう。時間を意識して全体を見る能力は欠かせませんし、スピードと正確さが求められていました。同じように時間内で利用者さんの身の回りのことを行う点でも、段取りをいかに効率よくできるかが鍵になります。

このように異業種での経験は非常に役に立ちます。確かに未経験だと業界の知識は限られていますし経験はゼロです。これまでの職業から学んだことや経験、あるいは人生経験は多いに役に立ちますから自信を持って転職できます。

多くの場合にあてはまる黄金律や大原則は、ほとんど同じだからです。自信は面接の際の自己アピールのときにも大切ですから、これまでも仕事で学んだことをしっかりと強調するなら印象を残すことができます。

大阪での求人をどのように探すか

大阪で介護職へと転職したいと思う場合には、いくつかの方法があります。その一つは求人サイトを利用することです。一般的な求人サイトではなく、介護専門の求人サイトがありますからエリアや雇用形態を入力するだけで求人情報を得る事が可能です。

別の方法は昔ながらの求人誌を購入することです。無料のものもありますが、書店やコンビニで売られている求人情報誌には情報がたくさん掲載されています。またハローワークでも求人情報が張り出されていますし、窓口でも相談できます。

当然のことですが、優良な会社を選ぶことは非常に大切です。雇用条件が明確にされており、賃金が適正であり働きやすい環境であることです。大阪にはたくさんの老人ホームがありますが、よい評判を得ており人材育成をしっかり行っているホームを探すことで長く働くことができます。

転職で初めての場合最初に働く会社で学ぶことが多いので、よい評判を得ており雇用環境がよい場所を選ぶことは次のステップのためにも重要です。最初に教わったことが、常識だと認識することが多いので初めての会社のレベルは、後々の自分のスキルにも影響を及ばします。

もちろんどんな職種であっても完璧な環境はありません。そうであってもできるだけ長く楽しく働ける環境を選ぶなら、職場を頻繁に変える必要はないでしょう。雇用条件の他にも、人間関係が良好であることも働きやすさにつながるので、可能な範囲で確認することも必要です。

 

これまでまったく違う職種で携わってきた場合、介護職はどんな感じなのだろうかと不安に感じるかもしれません。ほとんどの人はすぐに慣れて、楽しめるようになります。大変なこともたくさんありますが、多くの人は誇りを持って介護の仕事を行っています。

おすすめ関連記事

サイト内検索